×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

20代女性に多い片頭痛 7項目チェックリスト


日常生活、仕事、結婚生活などを妨たげることのあるとてもつらい頭痛は苦痛をともないます。
片頭痛は思春期頃から発症することが多く、成人の約一割弱が悩まされています。

特に女性が多く男性の約4倍といわれています。現在の医学では完全に治すことはできないと言われています。
そんな片頭痛ですが、正しい知識を身につけることにより
快適に日常生活を過ごすことができます。諦めずに上手に対処する方法を見つけていきましょう。


まずは自分が本当に片頭痛症なのか⑦項目でチェックしてみましょう。

①明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。
②脈泊と同じズキンズキンとした痛みである。
③頭痛発作の時、強い光や大きな音、不快なにおいで頭痛が強まることがある。
④頭痛の感覚は数日で治る場合もあるが数週間ごとにまた発症する。
⑤痛みは頭の片側の時が多いが、時には両側に痛みを感じることがある。
⑥頭痛発作の時、悪心(吐き気)、嘔吐などをともなうことがある。
⑦痛い所を手で圧迫すると痛みが和らぐように感じる

上記項目から3つ当てはまるのであれば片頭痛症の可能性があります。

片頭痛の原因はずばり脳にあります。医療機器の進歩により、画像検査など視覚的に脳を解析して
頭痛のメカニズムも解ってきました。

ます一般的に考えら原因は3つ考えられています。

1、頭部の血管が拡張することによって頭痛が起こると考える説です。

血小板からのセロトニン(ノルアドレナリン・ドーパミンと並び体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つ)が放出されるため一旦脳の血管が収縮します。 その後、セロトニンが分解されていき減少することによって一度収縮した血管が逆の拡張時に痛みが発症する説です。

現在ではこのセロトリンが不足すると、うつ病、不眠などの病気にかかりやすいとされています。

2、神経伝達物質の血管説です。

脳神経の三叉神経(顔の感覚神経 痛い、つめたい、あたたかい、噛む力などを脳に伝える神経)
から過剰に放出されるペプチドであると言う説です。
ペプチドとは、アミノ酸が2個以上つながったもので、神経伝達、抗菌、ホルモン作用などさまざまな生理作用をつかさどる物質です。その中でCGRPなるアミノ酸が片頭痛の原因でされています。
研究はさらに前進し、現在はCGRPを標的にした新たな治療薬が開発されています。その代表薬がトリプタンです。ただし、この薬は血管を収縮される作用があり、血管しっかんのある方はリスクもあります。

3、大脳皮質の神経細胞の過剰興奮と抑制の生理現象からなる説です。

何らかの原因で大脳皮質の神経細胞が過剰に刺激を受け、それを抑制する生理現象が
脳内の片頭痛が起きるであろう場所に到達した時に、発症すると考えられています。
前兆である目の前がチカチカすることも、この過剰興奮波と抑制が原因とする説です。

如何でしょう。 片頭痛はさまざまな要因から研究されているのです。
これら3つの説の共通点は、脳の神経が関係しているという点です。


片頭痛は女性にとって、生活の質を大きく損なう可能性が大きい病気です。
しかし軽く考えている方、一時しのぎに鎮痛剤の常服することは避けるべきなのです。
日常生活などで支障がある場合は、我慢しないことです。
病院で治療を受けてきちんと対処するのが一番です。

日常生活に支障がないまでも、一時しのぎに市販の薬だけを常服している女性、頭痛もちだからしょうがないと
飽きらめている若い方などが症状を慢性化、難治化させない対処法を紹介していきます。
脳の神経を基準に考えていきます。

薬だけに頼るのをやめて、日常生活からの改善法を探していきましょう。

冒頭で上げた片頭痛の3大原因には、実は3つの解決策があることを知ることです。

1、精神的なストレスとの調和 2、適度な運動 3、偏り過ぎない食生活の改善
この3つの解決策を知り、日常生活から改善する、上手に対処する方法を伝えていきます。